RECARO の軌跡

rec006RECARO の軌跡
1906年、当時32歳の馬車製造職人ヴィルヘルム・ロイターはドイツのシュトゥットガルトに”馬車製造社ロイター”を設立。これが古く長きに渡る “RECARO”の歴史の始まりとなります。先進性と豊かな創造力で斬新なアイデアを次々と生み出したロイター。
1910年にロイター・シュトゥットガルト車体製造会社へと商号を変更すると、今日のコンバーチブルの原型となった車体ボディの特許取得やフォルクスワーゲン・ビートル、そしてポルシェ356 などを車体メーカーとして開発・量産。シュトゥットガルトを中心とした自動車業界で瞬く間に名声を博すこととなります。
rec007

1906年
シュトゥットガルトのシュロスシュトラーセにて「馬車製造社ロイター」設立。
英国風の馬具をモチーフとした高級自動車を製造。
rec008

1910年
Stuttugarter Karosseriewerk Reutter & Co に商号変更。
「ロイター・シュトゥットガルト車体製造会社」。
rec009

1912年
”ロイター改良ボディ(のちにコンバーチブルと呼ばれる)”の特許を取得。
rec010

1921年
アドラー、アウストロ・ダイムラー、BMW、ブカッティ、ビュイック、フィアット、ホルヒ、モーゼル、マイバッハ、メルセデス・
ベンツ、ミネルヴァ、NSU、オペル、スタイガーなどの有名自動車メーカー向けに量産を開始。
rec011

1938年
初の量産品である40台のフォルクスワーゲン・ビートルが完成。
rec012

1949年
ポルシェ社より新型スポーツカー356の車体一式500台分の設計開発および製造受注。
その後、BMW501やポルシェ901の開発。
rec013

1963年
1,000人の社員を抱えるロイター・シュトゥットガルト車体製造会社をポルシェ社に売却。「Reutter」と「Carosserien」の頭文字を取り「RECARO」と名づけた新会社を設立。自動車業界初となるシート専門のメーカー誕生となりました。以後、レカロは、数多くの世界初となる技術・仕様の自動車用シートを開発し続けると共に、自動車用シートのあるべき姿をリードし続けています。そして今なお、自動車メーカー向けOEMビジネスと一般市場向けAMビジネスの双方に歴史と実績を重ねる唯一無二のシートブランドとして成長と革新の道を歩み続けています。