RECAROの技術

rec039フルバケットシート
フルバケットシートというとサーキットで使用する特殊なシートというのが一般的。軽くて強くて安全。体全体をタイトに拘束するホールド感。それがフルバケットシート。一方、フルバケットシートはそれだけではありません。言うなれば純粋にクルマの運転を愉しむためのシート。クルマの運転が上手くなくてはおもしろくない。運転してひどく疲れてしまうようでもおもしろくない。上手に運転ができて、長距離・長時間運転しても疲れないというのが理想。

続きはこちら

rec045コンポジットシート
デザインは性能・機能の追求から生まれる、これは創業から100年以上の歴史をもつレカロに今もなお受け継がれている独自の哲学です。一方、性能や機能を直感的に伝えるのもデザイン。レカロシートの全体フォルムはまさに人間のフォルムそのもの。美しくしなやかで力強いフォルム。ときに高揚感を覚え、ときに安心と信頼を覚える。愛車のインテリアが大きく変わるそのイメージを想像させてくれる。自分らしさ、貴方らしさとシンクロする。人の感性へと語りかける機能美と造形美の融合。まさにそれこそがレカロシートの新しい姿です。

続きはこちら

rec053メタルストラクチャー
レカロシートのトラディショナルなモデル"SR系"や"ERGOMED系"などに採用するメタルストラクチャー。このストラクチャーには、レカロのシート哲学にある"面で支える技術"が構造として採用されています。欧州の高級自動車メーカーでさえ外郭フレームにSバネという単純な構造にも拘らず、レカロではコスト・生産性・そして重量などに負担の大きいモノコック構造のメタルストラクチャーにこだわり続けています。まさにそれこそが長距離・長時間の運転も疲れないレカロシートの性能に欠かすことのできない技術です。

続きはこちら

rec061競技専用シート
1960年代。ポルシェ向けスポーツシートを開発して以来、高い安全性とホールド性により数多くのモータースポーツシーンで愛用されて続けているレカロ。その最高峰に位置するのが競技専用シートのモデルです。一方でレカロのモータースポーツシートの最大の特徴は、高剛性・安全性・軽量などに加え、身体に掛かる負担を最小限に抑え極限のレースシーンにおいても"疲れない"を実現していることです。これこそが身体が資本となる世界トップクラスのドライバーがレカロを選ぶ最大の理由です。

続きはこちら