フルバケットシート

rec039フルバケットシート
フルバケットシートというとサーキットで使用する特殊なシートというのが一般的。軽くて強くて安全。体全体をタイトに拘束するホールド感。それがフルバケットシート。一方、フルバケットシートはそれだけではありません。言うなれば純粋にクルマの運転を愉しむためのシート。クルマの運転が上手くなくてはおもしろくない。運転してひどく疲れてしまうようでもおもしろくない。上手に運転ができて、長距離・長時間運転しても疲れないというのが理想。
rec044

そのために重要なこと。それは如何にして運転に集中するかということ。クルマの事故発生原因で最も多いのが不注意によるもの。運転技術による事故よりもはるかに多い。ではそのために必要な性能・機能とは何か。まずはドライバーを正しい着座姿勢へ導くということ。次にそのポジションをどんな状況下においても保持するということ。さらに運転中の疲労を抑制するということ。この3つが考えられます。
rec040

この3つの要素は、実はクルマのシートに求められる理想であり、すべてのレカロシートに共通するものでもあります。フルバケットシートとは、特にこの3つの要素を極めたシート。つまりサーキットか公道かに拘らず純粋にクルマの運転を愉しむためのシートです。
rec043

サーキットでも公道でも使用できるフルバケットシート。国内向けに日本独自で開発したRS-GとTS-G。競技専用フルバケットシートと比べて、乗降性に配慮したサイドサポートの形状と幅広い車種への装着を可能にするコンパクトなショルダー幅というふたつの特徴が挙げられます。ショルダー幅は、SP-Gと比較しておよそ50mm小さい540mmで設計。さらにローポジション。ある一定の条件下において測定した場合、SP-Gと比べておよそ33mmも低い。サーキットなどでのスポーツドライビングも愉しみながら、公道を走る日常も使いやすい。それがこのふたつのモデル。
SE0004_6

また、RS-GとTS-Gのふたつのモデルには求めるドライビングポジションに応じて選択できる違いがあります。それはバックレストの形状を変えることでアイポイントを変えているという点。単純にバックレストの傾斜を変えるのではなく背中の落ち込みによって実現。サーキット走行のような目線を低く遠くに置くドライビングポジションには、ショルダー位置を残しながら背中のやや丸めるようなフォルムのTS-G。ラリー走行のように機敏なステアリング操作のしやすいポジションには、背中をやや起こしたRS-G。このいずれかを選択していただくことが可能。
rec042

また、実際にクルマに装着してみると同じRS-GあるいはTS-Gであってもヒップポイントやアイポイントは変わります。クルマに装着した状態で好みのドライビングポジションになるのはどちらのモデルか、これがレカロフルバケットシートのスタンダード”RS-GとTS-G”のいずれかを選択する基準となります。