ROSSO/BMWER 西山 嘉彦 氏

ce001<2011.12.31>
クルマとは人生を楽しむために必要不可欠なもの。

ROSSO/BMWER 編集長 西山 嘉彦 氏
ce004

Q. 西山さんがこの仕事を選んだきっかけとは?

僕が就職したときは、いわゆる氷河期と呼ばれた時代でした。大学生の当時、雑誌を作るという仕事、そして映画がとても好きだったので映像を作るという仕事、そのふたつのいずれかが自分のしたいことでした。それで出版関係と映像関係の仕事で就職活動をしました。結果、映像関係の会社で就職が決まり、それからしばらくは映像の世界で演出の仕事を学びました。特に、人間国宝であったり歴史ある建築物に関わるドキュメント製作に関わらせていただきました。元々大学が美術系の専攻だったので、非常に面白かったですね。
結婚を機に出版関係への転職を考えました。最初は建築関連の雑誌からスタートして、そこで編集のイロハを学びました。その当時は、プライベートも仕事も一緒というぐらい仕事ばかりしていました。そんな状況だったから、どうせなら好きなものを題材にしたいと思うようになりクルマ雑誌へと移りました。それが今のネコパブリッシングの前身でもある辰巳出版でした。誰かに何かを伝えるという点では、映像も雑誌も共通した部分があります。特に作品全体のストーリーがとても重要になる映像の仕事は、雑誌を作っていく上でもとても役に立っていると思います。
ce003

Q. 最初にクルマを所有したのは?

大学生の1年生でした。それが最初で最後の新車になってしまいましたけど . . . (笑)。マニュアルしか考えていなくて、マニュアルで2シーター、シルバーストーンメタリックが最高にかっこう良かった “ユーノス・ロードスター”を購入しました。
でもわずか購入して半年で廃車にしてしまいました。単独事故で!それから大学4年までの3年間、購入時にお金を借りた親への返済のため、ひたすらただ働きのバイト暮らしでした。走行距離がわずか5000kmにも満たないうちに、人生最初で最後の新車が終わってしまいました(笑)。
結婚してからローバーミニを購入しました。しばらくしてクルマの雑誌の仕事に変わったとき、東京から岐阜の関ヶ原まで往復1000kmとか普通に長距離を走っていて、ローバーミニのようなクルマだと毎回オイル交換しないといけなかったですから、それでクルマを買い替えることになりました。そこで奥さんとも相談しながらBMW Z3を購入しました。それがATの右ハンドルでしたので、ミッション乗せ換えをして、結局20万kmは乗りましたね。同じぐらいの時期にM3も所有していて、それも10万km以上は乗りました。
当時のBMWオーナーって如何にもカスタムしましたっていうのは流行らなくて、あたかも純正のようで見る人が見るとわかるというのがかっこう良かったんです。だからZ3のボディを青みがかったシルバーからチタンシルバーに変えたりしました。それから当時のM3は純正でレカロシートでしたね。大学生の頃、レカロというとものすごく高級なイメージだった。レカロ、BBS、ビルシュタインというのは誰もが憧れのブランドでした。シートってステアリング以上に身体に多く接しているものですから、ものすごく気になります。取材していてもいつも気になります。先日取材した欧州車もレカロでした(笑)。僕みたいにいろんなクルマに乗る機会があって、そして長距離乗ることが多いとシートが如何に大事かということが本当によくわかります。
ce002

Q. これまでどんな雑誌に関わってきましたか?

最初は、カスタム系の雑誌に関わりました。当時はミニバンが流行りだしたね。それからしばらくして自分が当時BMW Z3に乗っていたので、BMWマガジンを発刊することになりました。グラビア系もやりましたし、レースクイーンの雑誌も作りましたし、もともと雑食系というか、いろいろな分野でも抵抗なく取り組むことができるんだと思います(笑)。今、担当しているのは、月刊誌のROSSO。隔月誌のSCUDERIA、季刊誌のBMWERです。全部、隙間を埋められているような感じですね(笑)。昨日も取材。今日も取材。でもそうやって毎日いろいろな人と話ができるのはとても楽しいです。だからこそクルマってどこへでも行けるし、いろんな人と出会えるものだと思います。自分にとってクルマとはけしてそれがすべてというわけではないです。一方で、人生を楽しむためには必要不可欠なものなんだと本当に思います。クルマを運転しているときに、ふと凄くいいアイデアが浮かんだりもしますし、疲れてへこんでいたりしても、クルマを運転していると元気がでます。ストレスも解消されます。走るためにいじるのも好きですけど、洗車したりブレーキパッドを交換したりするだけでも楽しいです。クルマって道があればどこへも行けると思います。そういうのって大きいですよね。