勝田 範彦 選手 (2012)

int026<2013.02.05>
シートは私のドライバー人生にとって一番重要なパーツ
ラリードライバー 勝田 範彦 選手
rec064

Q.2012年のレース活動を振り返って . . . ?

2012年は、TEAMとしてメーカーから新たな車両を任されることになりWRX Sti、Vitz、そしてTOYOTA86の3台体制で発進しました。86は開発の方も任され、さらにWRX Stiの新車もシーズン途中からの投入だったこともあり本当に忙しい1年でした。
その中でもTEAMのみんながよく頑張ってくれました!!
大変感謝しています。
int029

また同年10月に開催されたモータースポーツジャパンや同年11月に開催されたTOYOTA GAZOO フェスティバルに参加。デモランや同乗走行を通じてラリーの楽しさや楽しみ方、見どころなどを多くの皆さまに伝えることができたのも大変良かったと思います。最終的に全日本ラリー選手権最終戦の新城ラリーにて、4万人の観客の皆さまの前でチャンピオンを決めることができ嬉しかったです。

TEAMのみんなやスポンサーの皆さま、そしてラリーファンの皆さまには本当に感謝しています。ありがとうございました。

int031

Q.勝田さんにとってシートを選ぶということは . . . ?

RECAROシートは私のドライバー人生にとって一番重要なパーツだと考えています。ラリーは2~3日間に渡り争われるので、長時間シートに座っていなkればなりません。そのため集中力の持続が大変で、勝敗に大きく影響します。ドライバーにとって座り心地の良いシートは集中力を高めるのにとても重要なんです。シートは安全性、快適性、ホールド性、そのすべてが揃っていないとドライビングに集中できなくなります。
int030

ラリーの場合、いろいろな道を走ります。雪道、砂利道、舗装路、時にはコース内にジャンプがあったりもします。コースは狭くサーキットのようにセーフティーゾーンなどもないため、一瞬でも集中力が途切れたときは非常に危険なことに繋がります。様々な状況下で常に身体のホールドを保ち、良い姿勢でドライビングできること。いざという時に自分の身を守ってくれること。そしてシートが自分の身体の一部のように一体となることにより、気にせずシートに座れることが一番大事なのです。だから私はRECAROシートを使っています。もっともっと多くの皆さまにRECAROシートの良さを知っていただき広めていきたい。
int028

Q.全国のラリーファンの皆さんへひと言お願いします。

ラリーファンの皆さん、いつも応援してくれてありがとうございます。
沿道で手を振ってくれたり、時には派手なパフォーマンスをして応援してくれるファンの方々を見るとラリー中でも心が和みます。世界的にも、そしてここ日本でもラリーという競技に対してファン層が厚くなっていることはとても嬉しいことです。今後もラリーの楽しさをもっともっと広めていきたいと思っています。2013年もディフェンディングチャンピオンとしていい走りをお見せできるよう頑張っていきますので、引き続きご声援を宜しくお願いいたします。