脇阪 薫一 選手 (2016)


<2016.11.30>
RECAROとは機能的で信頼できるブランド
レーシングドライバー 脇阪 薫一 選手

2015-2016シーズンはLM corsaよりSUPER GT GT300に参戦。また埼玉トヨペットGreen Braveでは、実兄の脇阪寿一選手と松田晃司選手と共にスーパー耐久にフル参戦。20年以上にも渡りモータースポーツ界の舞台で活躍中。

レーシングドライバーの脇阪薫一選手。フォーミュラ・ニッポンやSUPER GT GT500にて数々の輝かしい実績を残してきた現役レーシングドライバーであり、現在もSUPER GT GT300やスーパー耐久シリーズにフル参戦している。モータースポーツやレース活動のみならず、何に対しても常に誠実かつ真剣に向き合う姿勢が印象的なドライバー。

その脇阪選手も永きに渡りRECAROを選んでいるひとり。「仕事でもプライベートでもあまり機能的でないものは自然と身につけないです。その点、RECAROはクルマのシート、チャイルドシート、すべての商品が機能的であると思います。だからといって敢えて無骨にする必要はなく、RECAROの場合は常にスタイリッシュで機能的。だから安心して選ぶことができます」と語る脇阪選手。

「レーシングドライバーにとってシートはとても重要です。シートのホールド性というのは、運転するドライバーの身体を正しい位置で支えるという機能もありますが、それ以上にさまざまな情報をドライバーに伝えるインターフェースとして大切な役割を果たしていると考えます。ドライバー自身は非常に感覚的でそのときの状況に応じて変化するものですが、クルマというのは常に正直で嘘つかない。ドライバーが常に正しく認知・判断するためにもクルマの動きを的確に捉えることが重要。その情報の8〜9割はシートからドライバーに伝わります。機能的に優れたホールド性の良いシートであれば、ドライバーはドライバーとして良いパフォーマンスを発揮することができます。RECAROシートは、そういう点においてとても機能的で優れていると思います」という。

実際、脇阪選手は、レースを走るたび新たなチームでレース活動をするとき常にそこにRECAROがあるかどうかこだわり続けてきた。

また脇阪選手は、自身のレース活動以外においてもより多くの人にモータースポーツやクルマの愉しみを知っていただくための様々な活動を継続している。「我々レーシングドライバーは非常に多くの方々に支えられてレースを走ることができています。レースではドライバーが注目される立場にあると思いますが、ただ駅伝でいうと最後にタスキを受けてゴールするアンカーの役割。レースそのものはクルマづくりをはじめたところからすでに始まっていて、そこにはチームスタッフがいて、スポンサーの皆さんがいます。僕たちの場合、スポンサーさんには、この自動車業界以外の方からご支援いただくことも非常に多いです。RECAROのように広く認知されている世界的なブランド、多くの方に永く信頼され続けているブランド、そういうブランドに支えられているということでとても助けられている部分もあります。

我々がRECAROに期待するもの。RECAROが我々に求めるもの。それが常に合致していると感じます。
だからこそ、これからもずっとRECAROです」と語る脇阪選手