ERGOMED

SE0024エルゴノミクスシートのスタンダード。
疲労軽減と腰痛予防を重視した調節機能を備えたERGOMEDシリーズ。標準モデルのERGOMED-D、シートクッションの深さ調節を備えたLD、フラットタイプのシートクッションを備えたMV。ヒーター装備のEなど。
● ERGOMED-D ¥112,320(税込/8%)
● ERGOMED-LD ¥144,720(税込/8%)
● ERGOMED-MV ¥155,520(税込/8%)
● ERGOMED-E ¥194,400(税込/8%)
SE0024_07ERGOMED-Dモデルのグレイカラー。
ランバーサポート調節機能付き(ERGOMEDシリーズ全モデル共通)
SE0024_12ERGOMED-Eモデルのブラックカラー。
パワーリクライナー&シートヒーター装備。
SE0024_13ERGOMED-Eモデルのグレイカラー。
パワーリクライナー&シートヒーター装備。
SE0024_08ERGOMED-LDモデルのブラックカラー。
ERGOMED-Dにシート深さ調節機能が付いたモデルです。
SE0024_09ERGOMED-LDモデルのグレイカラー。
ERGOMED-Dにシート深さ調節機能が付いたモデルです。
SE0024_10ERGOMED-MVモデルのブラックカラー。
ERGOMED-LDにフラットタイプのシートクッションを採用したモデルです。
SE0024_11ERGOMED-MVモデルのグレイカラー。
ERGOMED-LDにフラットタイプのシートクッションを採用したモデルです。
SE0024_03ERGOMEDシリーズ専用の大型ヘッドレスト(高さ角度調節機能付)。写真はブラックカラーのヘッドレストとなります。
SE0024_04ERGOMEDシリーズ専用の大型ヘッドレスト(高さ角度調節機能付)。写真はグレイカラーのヘッドレストとなります。
SE0024_01ERGOMED-MVに採用するフラットタイプのシートクッションです。他のERGOMEDシートのクッション横幅が最大値で515mmのところERGOMED=MVの場合には25mmほど広くなっています。またシート深さも475mmのERGOMED-Dと比べてプラス95mm~145mm(シート深さ調節機能使用時)ほど長くなります。シートクッション全体のフォルムも薄型となるため硬めのクッションを好まれる方へもおススメです。
SE0024_02“ERGOMED-LD”と”ERGOMOED-MV”で調節可能なシート深さ調節機能です。このようにシートクッション先端部を引っ張り出すことでシートクッションの深さ(奥行き)を調節することができます。(写真はERGOMED-LDシートクッション)
SE0024_05手前が”ERGOMED-E”に付属するカールコード付きパワーリクライナーとシートヒーターのスイッチです。奥がERGOMEDの全モデルに共通するランバーサポート調節のポンプとなります。