販売店インタビュー Vol.28


<2016.11.30>
5年先、10年先の買い物をするのがRECARO
AUTOBACS ASM YOKOHAMA 栗延 勇貴 氏

ASMのホームページ内「RECARO Blog」では、日々のRECAROシートの取り付け実績を詳しく丁寧に紹介。ぜひご参考に。

神奈川県横浜市中区新山下2-4-7 http://www.autobacs-asm.com

世界一美しいRECAROのショールーム。けして大げさでも何でもなく、ゆったり落ち着いた雰囲気の中でRECAROがラインアップするすべてのモデルをセレクトできる上質な空間を演出しているのが、横浜市中区新山下にあるRECAROの正規取扱販売店『AUTOBACS ASM YOKOHAMA』。
RECAROシートを体感するのに、RECAROシートを購入して取り付けするのに、これだけ贅沢な環境そして雰囲気は世界中のプロショップを探しても他にはない。RECAROの販売実績および取付実績も豊富でフロントからメカニックまでスタッフ全員がRECAROシートに精通している。そのASMのフロントで活躍するのが栗延勇貴氏。

「RECAROというのはブランドです。クルマを買い換えてもRECAROが適応しているクルマであればシートを乗せ変えることができます。とても永くお使いいただけるものです。5年先、10年先の買い物をしていただくのがRECAROだと思います。それだけにお客様には、気持ちよく、納得いく買い物をしていただくことを大切にしています」という。

「RECAROシートを選ぶ際、最も重要なのは実際に座っていただくということ。座って自分の体型や感覚に良いと思うものを選んでいただくこと。そのためにRECAROがラインアップするモデルひとつひとつにどんな特徴があるのか、丁寧にご説明させていただきます。クルマとのマッチングにつきましても、私たちスタッフのこれまでの経験からいろいろとアドバイスさせていただきます。RECAROという”高級ブランド品”を購入されるお手伝いをさせていただきます」と語る栗延氏。

そんな栗延氏も純粋なクルマ好き。クルマ好きが転じてこの仕事を始めるようになった。RECAROシートの販売に熱心になったのもRECAROシートを付けられたお客様の喜ばれる顔を幾度も見ているうちにのめり込んでいったという。

「世代的にもRECAROというブランドに強い憧れがありました。若い時はさすがに高くて買えないと思いました。でもこうしてRECAROを販売していくうちに気づいたことがあります。RECAROシートは靴や鞄と同じ。使い込んでいくうちに身体に馴染んでいくものだと思うようになりました。中古でご購入いただくよりも、できる限り新品を購入していただき、愛情をもって使い込んでいただく。憧れていたブランドや本当に良いものというのはそうして愉しむことができたら素敵だなと思います。来店いただくお客様にもそうお勧めしています」と栗延氏。

『AUTOBACS ASM YOKOHAMA』から横浜中華街やみなとみらいまで足を伸ばしてもそれほど遠くない。ASMにふと立ち寄り、RECAROを体感して、そのあと横浜の街をぶらぶらと愉しむ。お洒落で特別な休日を過ごすことができる。

店内・接客・立地も含めて世界一美しいRECAROのショールームが横浜にある。