販売店インタビュー Vol.37


<2017.5.8>
安全・安心。クルマを楽しむためにRECARO
TEEPEE OUTDOOR DESIGN 代表取締役 

神木 勇 氏

とにかく穏やかでクルマ好きで、お客様に喜んでいただけるサービスを提供したいと語る神木氏とそのスタッフ。展示車両を見ているだけでもワクワクする。

埼玉県東松山市古凍13-1 http://www.travois.co.jp

埼玉県東松山市にあるRECARO正規取扱販売店TEEPEE OUTDOOR DESIGN。ハイエース200系カスタム、キャンピングカーの制作・販売、その他の特殊車両などを幅広く取り扱う専門ショップである。RECAROシートが標準装備となるコンプリートカーもラインアップしている。さらにコンプリートカーの当ショップが手掛ける架装部分は、永久保証付きというほどお客様の充実したカーライフを全面的にサポートしている。TEEPEE OUTDOOR DESIGNの代表神木氏は、ハイエースを2台、ジムニーを3台を自ら所有するほどのクルマ好き。神木氏自身が架装を手掛ける職人であり、スタッフ全員も同じ道を歩んでいる。

「販売数量限定グリーンのCross Sportster(2017年春発売)も積極的に紹介していきたいと思っています。RECAROには、ハイエースに最適なERGOMEDやLX-Fといったモデルをラインアップしていますが、実はシートクッション・サイドの低いCross Sportsterもすごく合うんですね。最初は、着座位置が高くなってしまうのかなと心配しましたが、実際にお客様のご要望で取り付けしたところすごく良い具合だったんです。全然モノが違うとお客様もとても満足されました。Cross Sportsterは、高価なモデルではありますが、それに十分見合う価値があります。当社のデモカーに座っていただければ、お客様にも知っていただくことができるし、ひとつ上のグレードに仕上げていくことができると思います」と語る神木氏。

「ハイエースを所有されるお客様、特にキャンピングカーとしてカスタムされるお客様というのは、長距離・長時間運転することが大前提にもなります。元は商業車のハイエースですから純正シートでは満足できない方が多いと思います。せっかく足回りを良くしてもシートがチープな感じですと、やっぱり運転していて疲れてしまいますよね。自分自身もRECAROシートを使い続けて30年になります。今も所有するクルマのすべてにRECAROシートを付けています。クルマを購入してまず最初にシートをRECAROにします。そこからカスタムが始まっていくという感じですね。疲れないのはもちろん安全・安心というのが一番です。当ショップが内製する架装というのもまずは安全というのを第一としています。その上で見た目の格好良さであったり、快適であったり、所有する喜びとかっていうのを提供できたらと考えています」という。

根っからのクルマ好きで職人。クルマを作っているとき、お客様とそんな話をしているときは本当に楽しいという。クルマの納車はすべて店頭。お客様の喜ぶ顔が見れるし、苦労して作ったスタッフとも共有できる。商売は下手だけどクルマを作るのは任せてくださいという。架装やカスタムというと身構えてしまいがちもTEEPEE OUTDOOR DESIGNはその名の通りアウトドアを楽しみたい方であれば大歓迎。