RECARO 86/BRZ Racing Team 紹介 <チームプロデューサー>


RECARO 86/BRZ Racing Teamのチームプロデューサーに脇阪寿一氏が就任する。
「フォーミュラニッポンやスーパーGTの場合には、そこで培った技術がのちに車両や各種パーツの製品開発につながっていくというのが一般的。一方でGR86/BRZ RACEは、車両も使用されるすべてのパーツも市販品。86/BRZ RACEもしくはその参戦車両を使用して開発されるものは一般のお客様に直接つながるものです。僕が開発に参加したPRO RACER RMSもまさにそうでした。言葉どおりモータースポーツを通じて製品開発することができます。それがRECAROにとっても一般のお客様にとっても大きな魅力になっていると思います。」
RECAROからチームプロデューサーの声が掛かったときの印象は、どうだったのだろうか。
「GR86/BRZ RACE、その中でもプロクラスは現役のGTドライバーらが真剣にレースをしているため、ワンメイクレースといえどもレベルはかなり高い。だからこそ、GR86/BRZ RACEで負けたときの悔しさだったり勝ったときの嬉しさがSUPER GTと変わらないぐらい。それどころか、徹底したイコールコンディションのため、よりスポーツ性が高いから、もしかすると勝ったときの嬉しさはスーパーGTより上かもしれません。そんなレースに、RECAROがチームを作り自ら参戦する。名より実を優先するのは、まさにRECAROらしい選択だと思います。RECARO JAPANの山口社長がレース参戦を決定した理由は、レースを通じてより良いシートづくりのためのノウハウを学ぶということ。その考えには大賛成です。ですから、この話をいただいたとき、喜んで引き受けさせていただきました。僕にとって、RECAROというブランドは特別なものです。『RECARO』が意味するものは、高い性能と安全。ドライバーがコンマ1秒を戦うための矛であり、クラッシュから身を守る盾でもあります。RECAROのシートづくりの伝統は頑固で真面目。そして、本物しか作らないこと。そんなRECAROの世界初のレーシングチームの立ち上げメンバーとして加われたのは幸せです」
そう話す脇阪氏にRECAROが期待するのは、モータースポーツと向き合うひたむきな姿勢と厳しさをチームにプラスすることだ。たとえGR86/BRZ RACEであってもSUPER GT500でチーム監督を務める脇阪氏と共にチームづくりを学べるというのはRECAROに大きな経験をもたらす。さらにPRO RACER RMSを開発したときのようにRECAROのものづくりのプロセスとレベルを進化させていくことだ。 (取材協力/ 911DAYS)