2019 Round 1 @鈴鹿サーキット


<Round01 鈴鹿サーキット>
2019年3月23-24日 GR86/BRZ RACE 開幕戦を紹介。

2019年3月23-24日@鈴鹿サーキットの開幕戦に向けた最終テストを開始。レースウィークの直前となる3月14日のテストからプロモーション動画をご紹介しています。

テスト走行をダイジェストにまとめたプロモーション映像はこちらから >>>

2019年3月23-24日@鈴鹿サーキットの開幕戦を迎える佐々木孝太選手と新井大輝選手の直前インタビューを紹介しています。

インタビューを紹介する映像はこちらから >>>

2019年3月23-24日@鈴鹿サーキットの開幕戦。いよいよレースウィークを迎えたチームを紹介するプロモーション動画です。

レースウィークのチームを紹介するプロモーション映像はこちらから >>>

2019年3月23-24日@鈴鹿サーキットの開幕戦。予選当日のチームの様子を紹介するプロモーション動画です。

開幕戦予選までのチームを紹介するプロモーション映像はこちらから >>>

開幕戦@鈴鹿サーキットでのチームピットです。今回は脇阪寿一選手自身のチーム「ASSO MOTOR SPORTS」、ネッツトヨタ愛媛GR Garage松山の「一六RACING」、TEAM NAORYUGから参戦する舩井選手、そしてRECAROの計5台がひとつの大きなチームとなって共に開幕戦を戦いました。

開幕戦@鈴鹿サーキット。プロフェッショナルシリーズの決勝スタートです。久々にGR86/BRZ RACEに戻ってきた佐々木孝太選手。人生初となるサーキットレースに挑戦した新井大輝選手。プロフェッショナルシリーズに参戦するドライバーは、SUPER GTやフォーミュラシリーズ、スーパー耐久など国内外で活躍するトッププロドライバーが犇めく非常に過酷なワンメイクレース。鈴鹿サーキットではわずか8周の決勝レース。ほんのわずかなミスで容易に順位が入れ替わるとても厳しいレースです。共に予選・決勝を戦い、無事完走することができました。勝負はこれから。挑戦はこれから。一歩づつ戦っていきます。

スーパー耐久シリーズとのダブルエントリーで鈴鹿開幕戦を迎えた佐々木孝太選手です。少ないシーズン前のテストから新井大輝選手を引っ張りながら開幕戦の舞台に立ち、完走することができました。

サーキットを走るのも初めて。サーキットでのレースに参戦するのも初めて。それでもラリーで培った卓越したマシンコントロールと優れた順応性でプロフェッショナルシリーズの決勝の舞台に立つことができました。決勝では予選よりも順位を落とす結果にはなりましたが、これからこのレースで戦い続ける確かな自信を得た貴重な開幕戦となりました。

RECARO 86/BRZ RACING TEAMのチームプロデューサーとして大事な局面でチームにさまざまなアドバイスをくれた脇阪寿一選手。自信のチーム「ASSO MOTOR SPORTS」の11号車「Owltech 86」。予選3位。決勝4位。素晴らしい結果の開幕戦となりました。

ネッツトヨタ愛媛のGR Garage松山からクラブマンシリーズのオープンクラスに参戦した「一六Racing」。昨年最終戦の鈴鹿でリタイアとなったリベンジを見事に果たし、予選11位。決勝レースでは8位という素晴らしい結果となりました。

TEAM NAORYUからクラブマンシリーズのエキスパートクラスに参戦する舩井選手。このエキスパートクラスもまた過酷な争いを繰り広げる非常にレベルの高いレースです。予選17位から決勝では大きく順位を上げて13位でフィニッシュ。素晴らしい結果となりました。

予選前のピットレーン。GR86/BRZ RACEは、タイヤのグリップ性能が高く、一方で非常に消耗が激しいのも特徴。予選では、どのチームもドライバーもわずか1〜2周でタイムアタックします。決勝レースがわずか8周のワンメイクレースということもあり、予選の順位がそのまま決勝に大きく影響します。それだけに予選の緊張感は想像以上です。

新井大輝選手の父で2018年全日本ラリー年間総合チャンピオンを獲得した新井敏弘選手も応援に訪れてくれました。SUBARU BRZに乗る新井大輝選手。かつてSUBARU STIからSUPER GT300に参戦した経験をもつ佐々木孝太選手。3人揃ってファンの皆さまに囲まれていました。

ネッツトヨタ愛媛 GR Garage松山の「一六RACING」

佐々木孝太選手がステアリングを握ったRECARO 86/BRZ RACING TEAMの86。

TEAM NAORYUから参戦した舩井選手。