PRO RACER RMS 6つの輝き

RECARO PRO RACER RMS

RECARO JAPANがゼロ開発をコンセプトにモータースポーツのためのモータースポーツ専用シートを開発。
運転中のドライバーに掛かる精神的・肉体的なストレスをさまざまな角度から解析し、これまで培ってきたRECARO独自のシート哲学をさらに深化させることで、多くのプロドライバーが唸る最高のシートが完成。これまで経験したことのない世界です。

01 RMS独自のホールド性能

RMS開発では、田中哲也選手や脇阪寿一選手、羽根幸浩選手、井口卓人選手などトップカテゴリーで豊富なレース経験と卓越した理論をもつプロドライバーからモータースポーツにおける身体の使い方やシートに求める性能など多くを学びました。運転姿勢を脇と肩甲骨周辺の僧帽筋でしっかり抑え、かつステアリングやシフト操作のための肩の動きをラクにするシートのフォルムとパッドレイアウトを開発。余分な力が入らず、常に正確な運転をサポートする。RECAROの設計思想を正常進化させ、新たなホールド性能を創り出しました。


02 ベンチレーション(スリット仕様)

身体を包み込むようにホールドするフルバケットシートだからこそ、特に密着度の高い背中の温度・湿度を逃すベンチレーション機能のスリットをデザイン。空気の流れを作る分割パッドのレイアウトと組み合わせることでより効果を発揮。スーパー耐久シリーズのST3クラスでも評価テストを繰り返しその効果は絶大。


03 新素材の超薄型ISFパッド

独自のノウハウで開発した新素材のISFパッドは、体圧分散性と振動吸収性に優れています。そのため人間工学に基づき緻密に設計したシェル(骨格)の理想的なフォルムをそのまま超薄型ISFパッドでオフセットすることが可能となり、高Gが掛かる状況下でもパッドによるたわみが一切なくクルマの挙動をより正確に感じることができます。結果、多くのプロドライバーがより正確な状況判断と運転操作をスムーズに行えると大絶賛。それでいて身体への負担が全くありません。さらにレーシングスーツでも普段着でも適度にグリップしてストレスを感じることが全くないようISFパッドの表面層を適正にチューニングしました。


04 コンパクト・ヘッドプロテクション

RMSは、プロ・アマ問わずモータースポーツを愉しむ多くのドライバーの要求に応えるシートづくりを目指しました。そのためドライバーの安全を高めるためにヘッドプロテクションのデザインにこだわりました。PRO RACER SP-Aのような大きく張り出したヘッドプロテクションはより安全を担保するも、視界を狭めてしまうことや、ドライバー交代に時間を要するなど、選択肢としてオプションが求められていました。RMSでは、公道走行可能な保安基準適合範囲で、かつ安全のための機能も有する頭部保護のためのヘッドプロテクションをコンパクトにデザインしました。


05 3次元の凄まじい剛性

ただ堅いだけ、ただ強いだけではなく、岡山国際サーキットのダブルヘアピンやオートポリスなどアップダウンの激しいテクニカルコースにおいても常にクルマの挙動とドライバーのポジションがシンクロする3次元の凄まじい剛性を強度・重量・エルゴノミクス・コストパフォーマンスなどのバランスに妥協することなく実現するシェル(骨格)を創り上げました。


06 RMS専用サイドアダプター

国内モータースポーツにエントリーする様々な車両レイアウトと日本人ドライバー特有のドライビングポジションを徹底的に分析しながら、サーキットユースからストリートユースに至るまで幅広い高さと角度が調整可能なRMS専用のサイドアダプターを開発。リア側が17mmピッチで高さ4段階。フロント側が1.5度(8.5mm相当)ピッチで角度8段階。さらに最大10mmの左右オフセット調整が可能。シートとサイドアダプターの取付ピッチも従来の288mmから345-365mmへと広げて剛性を高めています。


RECAROのモータースポーツ活動を紹介するこちらのFACEBOOKも是非ご覧ください